FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

今年はサボテン

 2018年の教会標語、御言葉とそのポスターを作成しました。今年は「主と心を一つに」という標語を掲げ、Ⅱ歴代誌16章9節の御言葉を告白していきます。

 他の誰でもない神の眼差しの中で生きるということ、主なる神の心を心としていくこと、その結果として与えられる神の力を体験していく、そういう思いを込めています。

 3つのポスターの中でどれをメインにするか、14日の礼拝後、子どもから大人まで出席された皆さんに手をあげてもらいました。その結果は、以下のとおりです。

2018年の教会標語1

 9人の方々が手を挙げられサボテンのポスター。それぞれのキャラクターは違いますが、置かれたところで主なる神を見上げ、神の愛の眼差しの中で歩んでいきましょう、という思いを込めています。

2018年の教会標語2 

 2つ目の人々が集まっている教会のポスターには、7人が手を挙げられました。主の心を大切にしていくということは、心と体がバラバラにならないで、キリストの体である教会にしっかりとつながっていくことをイメージしています。

2018年の教会標語3 

 3つ目のハートのポスターにも、7人が手を挙げられました。主の心、キリストの心の種を撒き、育てていく、そういう思いを込めました。

 今年の標語と御言葉について、また今までとこれからの教会のことも含めて、昨年の10月、大雪山の青年の家にこもって、じっくりと聖書を読みながら、紋別と北見の皆さんの顔を思い浮かべながら祈りつつ、妻と話し合いました。主なる神から与えられたものだと信仰と希望をもって受けとめ、紋別でも北見でも、神の偉大な御力を体験させていただきたいと願っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |