FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

泣こうがわめこうが

 1月21日(日)の礼拝。私は奏楽の奉仕から外れ、会衆と一緒に賛美しました。エレガントなピアノと美しいオルガンの音色に合わせながら、賛美に座しておられる主なる神を礼拝しました。

 愛餐会(昼食)では、予想していた人数よりも多かったので、ちらし寿司のおかわりは大学生や一部の男性のみとなりました。その代わり、差し入れの漬け物やおやつが多くありました。

 昼食をいただき、一言ずつ主の恵みを分かち合いをしました。祈祷課題を出された方々のためにも祈り、「主の山に備えあり」を信仰をもって賛美しました。以下は礼拝メッセージの断片集です。

20180121
(250字のエッセンスは、コチラ

 私たちは自分のしようとしていることを、「祝福してください」と祈ります。それは、大切なことです。それを為すための力、また愛を込めてできるように、共に聖霊に満たされていきたいのです。

 しかし力と愛を求めるのと同時に、慎み・思慮分別を求めて、このように祈ることもまた大切なことなのです。「私のやろうとしていることが、主の御心にかなわないのであれば、主よ、どうぞそれを教えてください。そしてそれを止めさせてください」。またある人はこう祈っています、「主よ、私が不思議に思って理解が出来なくても、またたとえ泣こうが、わめこうが、神様のなさりたいことをなさってください。神様の計画を実行に移してください」と。聖霊による慎み、思慮分別を求めながら、自分の考え・悟りよりも大きな主の御心がなることを求めている祈りでしょう。 

 2018年、私たちは何を継続していくのでしょうか。何を新たに始めるのでしょうか。また何を止めるのでしょうか。何を保留し、どこに力を入れていくのでしょうか。 ニーバーの祈りのように、変えるべきものを変える勇気、変えてはいけないものを受け入れる心の静けさ、両者を見分ける英知、思慮分別、慎みを聖霊によって与えられながら進んでいきたいのです!



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

礼拝メッセージの断片集 |
| ホーム |