FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

無理無理無理無理・・・・

 自分で自分の口癖に、意外と気づいていないものです。妻の口からよく、「いやいやいやいやいやいやいやいや」という言葉が出てきます。もちろん小さな子どもが駄々をこねているような使い方ではなく、謙譲語とでも言いましょうか、「とんでもないです」という意味の「いやいやいやいやいやいやいやいや」です。

 日曜日の礼拝メッセージの中で、出エジプト記3−4章の「モーセの召命」について触れました。燃える柴の前で、主はモーセに、「わたしは主だ、あなたをエジプトに遣わす、虐げられているイスラエルの叫びを聞いている、同胞たちをエジプトから連れ出せ!」と語られました。

 するとモーセは、「主よ、彼らは私の言葉を信じるはずがないですよ。私の声に耳を傾けるはずはないでしょう。主が現れたことを受けとめられないですよ。私は口べたで、下が重くて、上手く話せません」と出来ない理由を並べました。その時のモーセの心野中を妻の口癖で表現してみると、「いやいやいやいやいやいやいやいや」「無理無理無理無理無理無理無理無理無理」という感じでしょうと、お伝えしたのです。

無理

 妻の場合の「無理無理無理無理無理無理無理無理」は、それこそ私が無理難題を言った時に発するものなので、私以外の方は「いやいやいやいやいやいやいやいや」しか知らないでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 
日記 |
| ホーム |