FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ただの通過点と思う場所を

 2月11日(日)、雪の心配を少しだけしていましたが、北見は雪かきをするほどでもなく、私は安心して紋別へ車を走らせました。北見では、妻が礼拝奉仕を担当しました。私は紋別から帰ってきたのが午後8時過ぎで、とっても充実した1日でした。以下は、礼拝メッセージの断片集です。

20180211
(250字のエッセンスは、コチラ

 弟子たちにとってのサマリヤは、神の業が始まるのは困難な場所。あんな罪深い、間違った偶像を礼拝する人々。救われるはずがない。弟子たちにとっては、エルサレムからガリラヤ地方に行くただの通過点。本当は避けたい、通りたくないとも思っているような場所でした。

 しかし主イエスは、まさに人が通過点と思っている所を、収穫の感謝の場所となされるのです。人が避けて通りたいと思っているところ、嫌だなぁと感じているところ、主イエスはそういうところに神の栄光を現わし、収穫の喜びを与えて下さるのです。



 ある牧師は、そのサタンの嘘を4つ挙げていました。
 ・あなたは赦されていない
 ・あなたは愛されていない
 ・あなたは祝福されていない
 ・あなたは用いられない

 そうやって私たちに巧妙に嘘をつき、偽り、神から私たちを離そうとします。キリストの光自体は消えることなく私たちのすぐそばにあります。サタンと言えどもキリストの光を消すことはできません。しかしサタンは、光を消せないから、私たちの目をぼやかすして、偽りを言い、私たちを騙すのです。

 私たちは何を見ているのでしょうか? 何を見つめていますか? ある人は土砂降りに降った雨の後、ぬかるんでどろどろになった足元を見て「最悪だ」と言うでしょう。しかし隣にいる人は、土砂降りの雨が止んで晴れ渡った空に大きな虹を発見して、「最高だ!」と言うでしょう。今いる場所で、私たちは信仰の目を上げていきたいのです。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |