FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

心臓が飛び出るほどに

 今月初め、教会正面の横に長い氷柱(つらら)がぶら下がっているのに気づきました。北見にきて9回目の冬を迎えていますが、この場所にこういう氷柱を見るのは初めてです。

20180203正面
(2018年2月3日)

 この氷柱の真下が人の通る場所でしたら、すぐに割って落とさなければなりません。しかし下は雪山なので、そのままにしていたところ、今週月曜日(2/12)には氷柱が下に落ちていました。

 そして教会の北側には、こんな模様の氷柱ぶら下がっていました。昼間も氷点下なのですが、陽が射すと解けてくるので、解けたり凍ったりの繰り返しで縄をねじったような模様になるのですね。

20180207北側
(2018年2月7日)

 教会の屋根の雪と一緒に北側の氷柱とが一緒に落ちた時の衝撃は、「車が建物にぶつかってきたか!」と思うほどにびっくりします。この衝撃は、さすがに慣れないですね。地震かと思ったこともありました。建物の下には、テーブル氷山のような大きな氷の塊が横たわることになります。

20180207北側2
(2018年2月7日)

 もうそろそろ落ちるかなあと思いつつ、私は今日からスクーリングのために出かけます。妻が一人でいる時に落ちると、きっと心臓が飛び出るほど驚くだろうなあと思います。(落雪があった時は、裏の町内会長さんも覗いています・笑)せめて驚きも2人で分かち合い、軽減させてあげたいのですが。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |