FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

心に据えます

 2月11日(日)、紋別での礼拝を終えて、一緒に昼食をいただきながら主の恵みを分かち合いました。続いて年に一度の教会会議。昨年の感謝、今年の指針などを確認しました。また以下のようなこともお話しました。

 「5年後、10年度の紋別の教会の様子、また願いや希望、ビジョンを分かち合いましょう。確かに5年後には5年分の恵み、10年後には10年分の恵みが積み重ねられていきます。恵みの歩みをご一緒したいのです。

 また同時に確実なこととして、5年後に皆さんは5つの歳を重ね、10年後に若返っている人は誰もおらず、当たり前ですが等しく現在よりも10年の歳を重ねることになります(お互いに自分の10年後の年齢を想像して皆さんで笑い合いました)。そういう現実も見つめながら、5年後、10年後の教会の様子、方向性、ビジョンを皆さんでご一緒に分かち合いましょう。予算の話しはしないので、ご自由にどうぞ!」

20180211紋別へ2
(2月11日 紋別の教会へ向かう途中の橋・湧別川)

 詳細は記しませんが、皆さんと共に希望を語り合うことができました。現在の恵みと今後の方向性を確認することができました。そしてそれらを踏まえながら、今年は3つのことを一歩ずつ進めていくことになりました。この小さな一歩は、大きな前進のためのステップになることを信じています。
 
 教会会議の最後に「牧師としての私に何か希望すること、この際だから言っておきたいことなどありましたら、お手柔らかにお話しください」とお伝えしました。すると今年米寿を迎えるHさんが口を開いて、「先生、もっと教会に来て下さい。待ってます」と言われました。私は「あー良かった。もうそんなに来なくてもいいですよって言われなくて、本当に良かった」とお話し、互いに笑い合いました。そして「ありがとうございます。その言葉、しっかりと心に据えます」と言葉を続けました。

 紋別へ向かう途中にある湧別川は、凍っていて真っ白でした。その川ににかかる橋の上で写真を撮りました。2018年、紋別の教会にとってこの先にはどんなことば待っているのでしょうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |