FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ばあちゃんは寂しいよ

 3月11日の日曜日、紋別の教会ではOさん一家の送別会がにぎやかに開かれました。私は北見で抜けられない奉仕があるために、この日は妻が紋別への奉仕に出かけました。Mさん一家が車を出してくださり、妻を乗せて一路北見へ向かいました。

 礼拝前に、突然のパソコントラブル・・・。すぐにデータをメールで送ったのですが、ちょうどこの時はプロバイダを変更していてインターネットが使えなかったのです。せっかく前の晩に作成したPowerPointが使えないことになりました。それでも北見のAさんがいろいろとヘルプをしてくださり、また奏楽をしてくださったので、妻としてはやりやすかったそうです。

20180311O一家送別会の食事
(2018年3月11 送別会での食事)

 そして礼拝後は、送別会。それぞれが持ち寄った料理をいただきながら、和やかに互いに恵みを分かち合い、また別れを惜しみながらのひと時となりました。

 「きみたちが札幌にいっちゃうと、ばあちゃんはとっても寂しいよ」とHさんが声を湿らせてはなむけの言葉を述べられたそうです。60年近い信仰生活で、仕えて来られた牧師も含めて、いったいどれだけの数の送別会をHさんは持ってこられたのでしょうか。Hさんの言葉を伝え聞き、私も胸が詰まります。そして同時に、Hさんにそう言わせてくれる良きひと時をOさん一家と過ごせたことを感謝しています。

20180311O一家の送別会
(2018年3月11日 送別会)

 Oさん一家がおられるのとおられないのでは、礼拝の雰囲気が全然違います。2人の子どもたちの存在はとても大きいのです。共に賛美をし、御言葉を暗唱し、心を静めて祈りました。北見との合同礼拝や一泊親睦会、昨年夏には名寄のキャンプに参加しました。Oさん一家の存在は、大きな喜びでした。

 24日(土)に札幌へ行かれているはずです。引っ越されたばかりで、どこに何があるのやらという生活でしょうね。4月からの新しい生活に、主の豊かな祝福をお祈りいたします。

 同じように今週、北海道内の転勤、また道内から道外へ旅立つ方々、また内地から道内へ来られる方々が、陸路、空路、海路と様々な路を通っておられることでしょう。彼の地で喜びのイースターを迎えられますように。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |