FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

何とも言えない微妙な雰囲気

 4月1日のイースターの朝。まだ殆どの方が礼拝に来られていない時、K君が講壇近くにいる私のところに来て言いました。「ダディが交通事故にあった」と。「確か今日は千歳から札幌に向かっているはず。アメリカから帰ってきた時差ボケのために何かあったか・・・」と思いつつ、努めて平静に「どこで事故になったの?怪我は?」と尋ねました。するとK君、「高速道路で事故にあった」とのこと。

 こういう深刻な話しを受けうる時、私はほとんど無表情で人の話しを聞きます。客観的に物事を理解しようという意識が働くのでしょう。そんな私の顔を見ていたK君が、「今日は何の日?」と言いました。「エイプリルフール? なあんだ」と、これまた無表情な顔でK君に答えました。

20180401イースターエッグ
(2018年4月1日 K君たちが作ってくれたイースターエッグ)

 「いくらエイプリフールでも、言ってもいいジョークと悪いジョークがある」と教えようかどうしようかと、約5秒間、これまた無表情に考えていました。すると種明かしをしても、それでも無表情で無言の私の態度に、何とも言えない微妙な雰囲気だけは感じ取って、K君は私から離れていきました(笑)

 このイースターの朝の出来事を、講壇横に活けられた白百合だけが耳をそばだてて聞いているようでした。そして何事もなかったかのように、復活祭をお祝いする礼拝が始まっていきましたとさ。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |