FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ちょっとふてぶてしく

 GWの北海道聖会の中で、講師のA先生が北海道教区の牧師を前の方にずら~っと並ばせて、それぞれの教会の牧師のところに行って祈るように促すひと時がありました。私にとってはちょっと苦手で、ちょっと恥ずかしい時間。

 私の両隣の先生方のもとには列をなして、多くの方々が祈りに向かわれています。北見からの参加者は多くはなく、しかも私と妻は離れて立っていたので、妻のもとに皆さんが向かわれ、しばらく私は群衆の中の孤独を味わいました(笑)

 するとそんな私を見かねたのか、札幌のKさんが私のところに来て祈ってくれました。同情を誘ってしまったようで、何だか申し訳ないです ^^;

20180504北海道聖会集合写真
(2018年5月4日 北海道聖会の集合写真)

 しばらくしてMさんとその子どものK君が、私のところに来られました。するとMさん、涙をぼろぼろと落としながら、私たち夫婦が牧師であることの感謝を祈ってくれるではありませんか。女性の涙の意味はよく分からないものがありますが、男性の涙には心が動かされます。

 また小学1年生のK君も何やら言っています。何を祈ってくれているのかと耳をそばだてると、私が感動するあまり手をきつく握ってしまったので、ちょっとふてぶてしく「いたい〜。いたい〜」と訴えておりました(笑)
 
 その後で、北見やその他の皆さんにも祈っていただきました。北海道聖会の中で、記憶に残る1コマでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |