FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

「くずばこ」から「たからばこ」

 6月5日の岩見沢での教区会後、旭川で一泊しました(午後8時半に終わって、それから北見へは戻れませんね・・・)。その翌日、久しぶりに三浦綾子記念文学館に行ってきました。それこそ2001年の夏に行った以来なので、17年ぶりになります。

三浦綾子記念文学館 
(三浦綾子記念文学館のfacebookより)

 じっくり見たかったのですが、帰りの時間のために急ぎ足でとなりました。それでも1階のリニューアル部分の一部を、案内人のMさんに解説をしていただき感謝でした。

 2階では、開館20周年記念として収蔵品展「三浦家の“たからばこ”」が開催されていました(8月26日までだそうです)。とても興味深い展示で、「なるほどなあ」とうなずきながら時間を気にしつつも見入っていました。

「三浦家の“たからばこ”」のくずいれ

 様々な展示物がある中で、私が忘れることができないものは、三浦家のくずいれでした。その木箱のくずいれの側面に、「謙遜」と記されていたのです。くず、ゴミを捨てるたびに、「謙遜」を思い起こしておられたんだなあと、しばしそのくずいれの前でたたずんでいました。「たからばこ」展で、「くずばこ」から大切なことを学びました。
 
 もう一つの側面には、光世さんの句が記されていました。残念ながら、私は最後の方にある文字が読めなかったのです。ある方々に教えてもらって、「なるほどなあ」と頷きました。読めなかった皆さん、正解は来週水曜日のblog記事にて!(引っ張りますね〜笑)

「三浦家の“たからばこ”」のくずいれ2
 
 さあ、明日は礼拝です。柔和でへりくだったお方であるキリストをご一緒に見上げます!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |