FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

どうぞ、どうぞ。

 教区会からの帰りの6月6日、三浦綾子記念文学館に寄ってきました。その際、分館工事の基礎作りがなされていました。9月末に訪れる時には、復元した三浦家の居間を併設した分館が立派に建っていることでしょう。楽しみです。

20180606三浦綾子記念文学館分館

 6月頭の北海道は、めちゃくちゃ暑かったのです。帯広、北見、旭川では、32度とか33度とか・・・。しかしこの数日後、急に温度が下がって、最低気温が5度とか最高気温が9度とか・・・。天候にはあまり興味のない私なのですが、さすがに「?」という感じです。

 その暑かった旭川からの帰り、なんだかとても遅い車がいるなあと思っていました。その車の後に、小さな渋滞が発生していました。よくよくナンバーを見ると「わ」なので、「あー、レンタカーか」と分かったのですが、それにしても遅いのです。「高齢者かなあ?」とよくよく近づいて見ると、何やらシールが貼っているのに気づきました。

20180606層雲峡の手前

 画像では分からないのですが、そのシールには「外国の方が運転しています」と記されていました。「なるほど、なるほど」。ハンドル、車線などが違う外国から来た観光客が運転しているのでしたら、ゆっくり走って正解です。「どうぞ、どうぞ。北海道を楽しんでください」という気持ちになるから不思議です。

20180606層雲峡
(2018年6月6日 層雲峡) 

 そしてこの日の層雲峡は、青空と白い雲、そして緑がとても映えて、とても雄々しく美しかったのです。画像ではその美しさがよく伝えられずで申し訳ないです。もう10年、この石北峠の道を年に何度も往復していますが、「こんなにきれいな層雲峡は初めて」というものでした。

 9月末にある「三浦綾子読書会 旭川全国大会」(「赤くなっているかなあ」)の時には、きっと初秋の彩りをしていることだろうなあと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |