FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ちょうど大阪にいました

 先週月曜日(6月18日)大阪府北部を襲った地震の時、私たち夫婦は大阪の実家にいました。朝8時に朝食を食べる予定でしたので、「そろそろ2階に上がろうかな」と思ってパソコンを閉じた矢先のことでした。

 突然の揺れに声が出ないまま、妻の携帯電話から鳴り響く緊急地震速報を耳にしつつ、大地震の場合はどこに逃げるのが良いのか、父を背負って階段を降りれるかなどを考えていました。揺れがおさまるのを待ち、1階には被害がないことを確認し、両親と妻の様子を見に2階に上がると、両親も妻も無事でした。妻は食器棚の扉が開きそうだったので、抑えていたようです。

20180618地震速報
(2018年6月18日NHKニュース)

 すぐにニュースをつけて確認すると、大阪府の最大震度は6弱、実家のある大阪府中南部の高石市は震度4でした。もう20年以上前になる阪神大震災と比べると確かに揺れは小さく、あの時の家の中の散乱状態はひどいものでしたが、それでも震度4の揺れは恐怖を覚えます。

 この月曜日から浜名湖での祈祷聖会に出かけるために、たまたま前日から実家に泊まっていました。わざわざこの地震に合わせて大阪に行ったような気がしないでもありませんが、それでも両親と一緒にいる時で良かったのかもしれないなあとも思いました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |