FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

いつもより5割増し

 8月19日(日)の礼拝は、特別礼拝として森下辰衛先生が真理のメッセージを語ってくださいました。前日から教会に泊まってくださり、先生が来られる時はいつもより5割り増しに豪華になる晩御飯を美味しくいただきながら、談笑していました。

 森下先生と出会った5年ほど前、私が話しをしていると私の目を真っ直ぐに見つめられるので、文学者の森下先生に心の中の全てが見透かされているような思いになりました。今となっては、私の短所も何もかも、見てもつまんないと思うものですが、どうぞどうぞ〜、そんな心境でお付き合いさせてもらっています(笑)

20180819

 礼拝説教は、文学者の森下先生だからこそのメッセージです。聖書の解説、講解ではなく、聖書の真理を物語るという感じです。これがまた、何とも味わい深いのです。日本人の心に届くのです。聞いてすぐに、応答の言葉や感想を話し合えるというようなものではありません。じょっくりと「にれはむ」内容です。

 過去の先生のメッセージをもう一度、聴き直したいと思っているものが幾つかあります。私にとっては数年前の「花咲かじいさん」が、一つの節目になるメッセージでした。

20180819礼拝の様子
(2018年8月19日 礼拝の様子)

 また森下先生の尊敬すべきところは、奉仕者としてではなく、礼拝者として礼拝を捧げておられることです。心からの賛美を歌い、祈りを捧げ、そこでも神との豊かな交わりがあり、また司会者などの言葉も真剣にうなずかれています。真実な神を畏れ、偉大な神を喜び楽しむ、そういう礼拝者の心は、礼拝の中でこそ養われていくのでしょう。私も一礼拝者として、いつもより5割増しの恵み(?)を受けました!

 そして午後からの文学講演会も、幸いなひと時となりました。そのことはまた、日を改めてレポートいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
 
日記 |
| ホーム |