FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

アメリカからの光

 9月9日(日)、地震があってから最初の日曜日ということもあり、再会できる喜びを噛みしめる1日でした。「あなたがいてくれて私は嬉しい」と、礼拝の中で神の愛に包まれながら、お互いの存在を喜び合いました。

 8日の土曜日、旭川から北見のバスが無事に走り、米国に遣わされている矢吹宣教師を予定通り迎えることができました。体がさらにアメリカンになっておられました!

20180909海外宣教礼拝

 初めて北見の教会に来られたのが2010年6月、その次が2012年6月でしたので、実に6年ぶりの来会となりました。前回も前々回も「海外宣教祈祷会」ということもあり、平日の夜に集まれる方々は限られていました。そして今回、初めて矢吹宣教師にお会いしたという方々が多くおられたことは、矢吹先生にとっても私たちにとっても感謝なことでした。これから矢吹宣教師のために祈る時、より具体的に実感を込めて祈ることができるでしょう。

 ちょうど北海道巡回中に地震があり、予定していた教会を全て回ることはできずで、矢吹宣教師にとっては残念なことでした。しかし次は何年後になるか分かりませんが、その時に「あの地震の時に来られるはずの宣教師」という思いが湧き上がってくるでしょう。停電中、ロウソクを灯していた北見の教会の皆さんに、アメリカからネオンのような光を携えてきたような礼拝と、English Worshipのひと時でした。

 9月末まで続く巡回が、主の守りの中でなされますように。そして次期に掲げているビジョンに、主の御心が成就していくことを祈っています。矢吹宣教師の働きを「私たちの宣教」と言えること、そう呼んでも良いということが、とても嬉しいのです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |