FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

火の矢をことごとく消す

 9月9日(日)、アメリカへ遣わされているY宣教師が、海外宣教礼拝の奉仕をしてくださいました。地震の影響でJRもバスも止まってしまい、予定していた釧路や苫小牧には行くことができずに、しばらく旭川で足止め状態でした。しかし北見に来る前日、無事にバスが動いたので旭川から北見に来ることができました。

 見るたびに、会うたびに、心も体も大きくなり、欧米化しているY宣教師。頼もしい限りですが、顔色がちょっと悪かったのはバスに酔ったからと言われます。そうであれば良いのですが、ちと心配。

20180909海外宣教礼拝1
(2018年9月9日 海外宣教礼拝)

 宣教報告の証しの中で、信仰の盾を持たなかったために、人の心無い言葉などをモロに受けとめてダメージを受けていた女性のことが印象的でした。その後、しっかりと他の誰でもない、主イエスを信じる信仰を持ち続け、回復されたようです。

「悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。・・・立って、真理を帯として腰に締め、正義を胸当てとして着け、平和の福音を告げる準備を履物としなさい。なおその上に、信仰を盾として取りなさい。それによって、悪い者の放つ火の矢をことごとく消すことができるのです。また、救いを兜としてかぶり、霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい」エペソ6章



20180909海外宣教礼拝2
(2018年9月9日 海外宣教礼拝)

 さあ、明日は礼拝です。弱り果ててしまわないように、神の武具をしっかりと身に着けます!

(1日1章 士師記7章「礼拝し」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |