FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

虫はすだき

 もし私が「牧師の仕事」という本を書くとしたら、「何でも自分でやろうとしないで、多くの方々にその働きを任せ、委ね、育てていきましょう」と必ず記すでしょう。なぜなら、そうしたいと強く思っているのにできていないからです(笑)

 牧師がすべきことではないことの1つ、それは「案内、チラシ、ポスター」などの作成です。大阪時代は全くやっていなかったのに、北海道に来てから「目覚めて」しまったようです・・・。嫌いじゃないから、これまたよくありません。adobeという禁断の実に手が伸びそうになります(笑)

 前置きはそのあたりにして、先週と今週で作成した案内3枚です。やっつけ仕事感、再利用感満載ですが、お許しください。

20181110からし種
(クリックすると、別画面で大きく開きます)

 長谷川先生と「泥流地帯」って、ちょっと結びつかないのですが、とっても楽しみです。8月の森下先生の「泥流地帯」の講演会に来られなかった清里町や小清水町の皆さんに、ぜひこの書籍のメッセージを味わっていただきたいです。

20181111交流会
(クリックすると、別画面で大きく開きます。)

 わざわざオホーツクまで来られた長谷川先生を1日で帰すようなことはいたしません!日曜日の午後はオホーツク地域で読書会をされている皆さんに呼びかけ、交流会の時を持ちます。初めて会う方々もおられるので、楽しみです。

20181112オホーツク牧師会
(クリックすると、別画面で大きく開きます)

 まさか2日でお戻りいただくようなこともいたしません!月曜日は、オホーツク地域の牧師を対象とした読書会の牧師会です。私もここで実践報告をします。この案内に掲載した三浦綾子さんの言葉に静かにうなずきます。

「時期がくれば木々は紅葉し、
 虫はすだき、鳥は渡り、雪は降る。
 人間も被造物の一つ。
 今少しく謙虚でありたい」
              『心のある家』より



(1日1章 ヨハネ5章「よろしくない」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |