FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

負い目と殺し文句

 昨日、広告を集めるという牧師らしからぬ営業を、年に2度していることを記しました。しかも12月に広告掲載されるそのスペース、今回はいつもの2倍の広さが設けられていたのです。他の働きと並行しながら、また締め切りなどと睨めっこをしながら、何とか最低ラインのノルマ(?)を達成することができました。

 広告の作成はデザイナーがしてくださるのですが(デザイン料が別途必要)、今回広告を出してくださる森下先生は私をご指名されました。広告の作成は、全くの未経験です。それでも広告を引き受けてくださったという「負い目」と、メール本文に私がせずにはおれない嬉しい「殺し文句」がありましたので、お引き受けすることになりました。

最初の広告
(『雪柳』の広告・校正前)

 以前に作成した朗読講演会の案内を土台にしたので、それほど時間はかかりませんでした。それでも、何か「素人感」を払拭できません。素人なので当然なのですが・・・。

 そこでいろんな広告に目を通して「なるほど、なるほど」とうなずきながら、私とソフトの能力の範囲、また許された時間の中で、今できる限りのアレンジをしたものが、下のものです。

『雪柳』完成
(『雪柳』の校正後)

 それにしても、プロである他の人のものをいろいろ見てみると、参考になるものですね。ただ、これが私の今の限界です。あとは印刷されて、77mm✕94mmという小さな枠の中でどのように映るかがポイントです。 

 この広告のデザインを引き受けたのは、広告を出してくださったという「負い目」と私への「殺し文句」と記しましたが、一番の理由は当然ながら内容が素晴らしいのです。どうして一般販売されなかったのでしょうか。お勧めです。

 さあ、明日は礼拝です。「天国への希望に満ち」、天と地が一つになる礼拝となりますように♫

(1日1章 ヨハネ7章「叫んで言われた」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |