FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

コンコンと

 2018年のクリスマスの案内です。北見と紋別の教会を兼務(教会用語では「兼牧」)してから2年間は、同じ図柄で日付けや内容を変えたポスターを作っていました。今年は違う図案にしてみました。

201812月 紋別クリスマス
(クリックすると別画面で大きく開きます)

 紋別の教会は、今年は「教会へようこそ」という思いを込めたウェルカムモードが良いなあと思いました。そこでリースが扉を「コンコン」と鳴らすドアノッカーのような、そんな思いでこの図案を選びました。

 北見の教会のポスターは下のもので、私にとっては少しチャレンジをしました。いわゆるクリスマスに関係するものがメインではない図案です。どうして鹿なのかと言いますと、猟銃を片手に鹿や熊を狙い撃ちする女性のハンターが教会におられ、クリスマス祝会には鹿肉料理を食べることができるから・・・というわけではありません!

20181223北見クリスマス
(クリックすると別画面で大きく開きます)

 実のところ、この鹿に特別な思いを込めたというわけではありません。「いかにも教会」というものではなく、2匹の鹿がいるこの図案に、何か惹かれるものがあったのです。それが何なのか、よく分からないのですが・・・。

 ただ、1つの大きなポイントとしては、「Christmas」の「Christ」の色を変えて、クリスマスの中心をはっきりとさせたところです。

 紋別では「コンコン」と教会のドアをノックする方々が多く起こされ(実際は引き戸なので、ドアノックはされないのですが・笑)、北見では「いかにも」というより日常の中にキリストが真ん中におられる、そういうことを味わっていくクリスマスとなっていきますように♫

(1日1章 使徒16章「彼女の心を開いて」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |