FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

クリスマスの出来事

 透き通るような薄い青空と澄んだ冷気に包まれた23日のクリスマス礼拝の朝、まだ静かな教会に誰よりも早くに来られたMさん。「何かお手伝いすることがあればと思いまして」とさわやかな顔で仰られます。そこで駐車場の様子を見てもらうこと、礼拝後にヨーカ堂に注文しているものを取りに行ってもらうことをお願いしました。

 考えてみますとMさんは、今年が教会で迎える初めてクリスマスのはずです。礼拝のプログラムが始まる前から、既にクリスマスの出来事が始まっているようでした。

 久しぶりに会ったIさんの娘のSちゃんは、人見知り度120%。土曜日に教会へ電話をくださった母娘(Kちゃん)も、午前の礼拝から集われました。そして午後のプログラムに入る時には、Eちゃんたちと早くも仲良くなり、SちゃんもKちゃんもすっかり馴染んでいました。

20181223クリスマス礼拝

 大きな手術をされ、順調に回復に向かっているMさん。外出許可を得てクリスマス礼拝を捧げることができるという恵みを噛みしめられ、礼拝が始まる前から「涙が出てきます」と、ぽろぽろと落涙されていました。

 いつもよりも着飾っている方、ネクタイを締めている方、カットに行かれた方、全く普段と変わりない方、初めての方、2回目の方、何十年もクリスマスを祝い続けている方、今年だけは夫婦別々のクリスマスになっている方、鹿肉を使ったロシア料理を作ってきてくださった方など、約40名でクリスマス礼拝を捧げました。2018年には、2018年だけに与えられている恵みを味わいながら。

(1日1章 Ⅰサム8章「主に祈ると」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |