FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

預言者ナタン 【No.250】

旧約聖書に、ダビデ王の時代に活躍したナタンという預言者が登場します。
ダビデ王の神殿建設計画に賛同し、神様の約束を取り次ぎました。

そしてダビデ王が家来ウリヤを戦争の前線に送りだしたこと、
その妻のバテ・シェバとの姦淫の罪を指摘したのもナタンでした。

しかしナタンはそれでダビデ王を見限りませんでした。
悔い改めたダビデ王の子ソロモンの即位に際しても活躍しました。

worship

昨年、ある牧師に私の思っていることをお話ししました。
その牧師は、以下のようなことを私に言われました。

 「先生の持つ問題意識はおおむね正しいのです。
  確かに、正さねばならない問題がここにはあるのです。
  しかし、たといどんなにルールを作り、整備を試みたとしても、
  人の心に戸を立てることは絶対にできません」

賛同して頂けるものと思っていたので、驚きました。
そして何度も何度もその先生の言葉を思い返しました。
神様の前に、心を注ぎ出して祈る時を持ちました。

そして後日、以下のような返事をしました。
 「私自身の軸足は、真理に立つという平安よりも、
  とにかく『批判を受けたくない』という人間的な安心に、
  比重があったようです。ご指摘を感謝します」

このことは、私にとって忘れられない痛い出来事となりました。
自分を見つめ直すよいひと時となったのはもちろんのこと、
少々言いにくいことを愛と真実をもって忠告して下さったことに感謝しました。

牧師には、そして人には、預言者ナタンのような存在が必要だと思います。
神様が遣わして下さった預言者ナタンのような存在を拒絶することなく、
ナタンを通して神の言葉を聞くことが出来るどうか、
そこに砕かれて成長していくことへの鍵があるように思います。

少々痛いことを言われるので、いつもは会いたくありませんが(笑)、
預言者ナタンはなくてはならない存在です!



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<想い出のとんかつ 【No251】 | ホーム | いつまでも残るもの 【No.249】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |