FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

昨晩、戻って正解でした

 水曜日から聖書学校のスクーリングに出かけ、金曜日の夜に帰ってきました。他の先生方は日曜日の夜に東京へ行き、今日の夕方までびっちりと務めておられるので、途中で来て早く帰るのが申し訳なかったのです。それでも今日は、東京で雪が降るとのこと、また北海道もどうなるか分からないので、やはり金曜夜に戻ってきて正解でした。

 低気圧に揺られながら遅れて女満別空港に到着した飛行機を降り、北見行きのバスに乗り込んで発車を待っていました。するとルーテル教会のS先生がバスに乗り込まれるではありませんか。「あ、先生!」と声をかけると、「誰だろう、この人は」という顔をしながら頭の中のCPUが高速回転しているようでした。暗い車内、マスクをして帽子を被っていたので、マスクを取ると私だと確認できたようでした。

 40数分で北見駅に到着し、「妻が迎えに来ているので、教会までお送りしますよ」とお伝えし、遠慮はされましたがタクシーで行かれるというので、「それならどうぞ」と車に乗っていただきました。

20190208気温
(2019年2月8日)

 スケートリンク状態の道路を、妻がノロノロ運転すると、私たちの車の後には渋滞が起こります(笑)それでも、安全運転で送り届け、我が家の教会へ向かいました。S先生の教会からだんだんと我が家に近づくに連れて気温がますます下がっていきます。北見駅近くとは3度近く違いますね・・・。川のそばだからでしょうか。

 到着後、ラゲッジスペースに入れていた荷物を取ろうとドアを開けようとしても、凍ってしまって荷持が取り出せませんでした・・・。左側の後部座席のドアを開けようとしても、同じく凍って開きません。右側の後部座席のドアが開いたので、荷物を取り出すことができました。寒すぎると、いろいろな支障が出てきますね。

20190208車
(2019年2月8日)

 さて、明日は礼拝です。1年に1度のスクーリングで充電をした学生たちが、それぞれの教会で喜びをもって主を礼拝し、また奉仕されるでしょう(その前に、本日の雪の東京、皆さん無事に帰られますように)。北見でも紋別でも、寒さや天候が支えられて、道中も守られ、恵みの礼拝が捧げられますように。

(1日1章 Ⅱサム5章「主が自分を」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |