FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

H.J.P

 北海道に来て10回目の冬は、冷え込みの厳しい冬となりました。だからこそというイベントが、4回目となったCさん宅での「Ice Candle Prayer Night」です。牛乳パックに水を入れて凍らせて、250本以上のアイスキャンドルをCさん一家の流れ作業で職人のように作って準備をしてくれました。

20190205アイスキャンドル1

 今年の作品は、クラウン(冠)です。それは今年の教会の標語となっている聖書の言葉を表しているとのこと。「私たちの主イエスが再び来られるとき、御前で私たちの望み、喜び、誇りの冠となるのはだれでしょう。あなたがたではありませんか。あなたがたこそ私たちの誉れであり、また喜びなのです」(Ⅰテサロニケ2:19-20)。望みのHope、喜びのJoy、誇りのProudの頭文字と「19」年度の数字、そしてクラウンの図案が輝いています。

 20190205アイスキャンドル2

 集合写真を撮り忘れてしまったのが残念ですが、子どもも含めて31名が集われ、アイスキャンドルを灯して祈り、食事を楽しみ、幸いなひと時を持ちました。初めてお会いできた方々もおられ、教会とはまた違う、家庭だからこその雰囲気や恵みがありました。

 食事は定番(?)のタコライス、そしてMさんがオニオンスープやイノシシの肉料理を作って来てくれました。K君はタコライスなのに、ひき肉とご飯だけで食べていました(笑)

20190205アイスキャンドル3

 マイナスの雪の中、キャーキャー言いながら走り回る子どもたちが、「先生〜、写真撮って〜」と言うのでカメラを構えると、「よし、肩を組むぞ!」と子どもたち同士で号令をかけていたのでした。集まれば必ずと言ってよいほど、はしゃいではケンカをする子どもたちなのですが、肩を組む絆が生まれていたとは驚きました。そんな感動的なシーンに心と手が震えたのか、ピンぼけの写真となりました(笑)

 実に皆さんこそ、望み、喜び、誇りの冠です。

(1日1章 Ⅱサム17章「自分の計りごと」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |