FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

発破をかけておきました

 先週、高知に帰られたM神学生と電話で話しをする機会がありました。紋別で4ヶ月のインターン実習をされたので、「紋別は第二の故郷(ふるさと)です」と言いながらも「(高知の)中村の皆さんには内緒でお願いします」とも。

 「久し振りに我が家へ戻っていかがですか?」と尋ねますと、「4ヶ月ぶりなので、自分の家なのに他所の家みたいです。家内にも何故か敬語を使っていて、『敬語を使わなくてもいい』と言われました」とのこと。さらに「今まで茶碗を洗わなかったのに、食べ終わったら流しに持って行って洗おうとしてしまいます」と笑いながら話されていました。

2019年2月のスクーリングで
(2019年2月のスクーリングでの様子)

 嬉しかったことの1つは、「朝、教会の皆さんのためにとりなして祈る時、いまでも(紋別の)Hさんから祈り始めてしまいます」と言われたこと。本当にありがたいことです。

 ひとしきり懐かしさのこもる会話を交わした後、「あのレポートは、提出されましたか?」と尋ねたところ、嫌なところを突かれたとばかり急にM神学生はトーンダウンされました(笑)「3月5日が卒業式ですから、よろしくお願いしますよ!」と発破(はっぱ)をかけておきました。

 さあ、明日は礼拝です。私は1回、紋別へ行って北見の礼拝を抜けただけなのですが、何だか久し振りの北見での礼拝のように待ち遠しく感じています。紋別でも北見でも、そして中村でも、聖霊による発破(ドゥナミス・力・・・ダイナマイトの語源)が与えられる礼拝となりますように。

(1日1章 Ⅱサム19章「敵対するのか」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |