FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

みことばランチ②「家庭料理」 【No.253】

毎週の日曜日の礼拝で聞く牧師の説教を、
「家庭料理」にたとえることができるでしょう。

「家庭料理」があるということは、当然「外食」もあります。
この場合「外食」とは、聖会や超教派の集会のメッセージのことです。
そして講師を招いての礼拝や特別集会でのメッセージは、
「ケータリング」あるいは「出前料理」にたとえることができます。

今回は、毎週の自分の教会で牧師が語るメッセージ、
つまり「家庭料理」についてのお話しです。

味付けと素材
家庭料理には、それぞれの家の味付けがあるように、
教派の違いによって、また牧師によって、
それぞれのメッセージにはそれぞれの「味」があります。

ある牧師や教派は、あっさりとした味付けをしています。
他の牧師は、隠し味が絶妙であったり、品数が多かったりしますが、
ある教会では、精進料理のようで、また腹八分目の量だったりて健康的です。
寒い地方は味付けが濃いように、そういうメッセージもあります。

いろいろな味付けや料理の方法があったとしても、
大切なことは、素材はみな同じ聖書だということです!
聖書以外のものからの真理に立たない、
これが教会で大切にされるべきことで、味付けは「特徴」なのです。

魚料理

栄養バランス
時々、違う教会の牧師のメッセージを聞きたくなりますが、
それはある家で晩御飯をご馳走して頂くようなものでしょう。
あるいは、超教派の聖会などで語られるメッセージに魅力を感じるのは、
それが「外食」のような楽しさがあるからです。

もちろん外食の楽しみは、楽しみとして充分に味わって欲しいのです。
しかし外食ばかりだと、栄養が偏ったり、カロリーを取り過ぎたりします。
私たちの体を健康に保ち、骨格を形成していくのは、
毎日の家庭料理、つまり毎週の礼拝で語られる牧師のメッセージを通してなのです。

牧師は、栄養のバランスを考えて御言葉を語ります。
ある方はお肉のような「チャレンジ系」のメッセージが好きなことを知っているのですが、
高脂血症にならないように野菜やお魚料理を出します。
時には好き嫌いをなくすために、違った味付けをして素材を提供することも!

ちょっとお腹を壊しているかなぁと思うと、「癒し系」の柔らかい料理にしたり、
滋養強壮が必要かなぁと思うと、
ニンニクを使って料理をするかもしれません。

つまり「家庭料理」である毎週の礼拝メッセージは、
「外食」と比べると華やかではないかもしれません。
しかし牧師が神の家族の1人1人のことを神様の前に祈りながら、
愛を持って語るゆえに、健康な体となり、骨格も強められていきます♪

野菜サラダ

「家庭料理」について長く綴っといてなんなんですが、
明日の私たちの教会は特別講師による「ケータリング」です。
とっても、楽しみです♪



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<飛んだ!? 【No.254】 | ホーム | ゴスペル 【No.252】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |