FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

10周年

 今年2019年は、私が洗礼を受けてから30周年を迎える記念すべき年です。1989年10月、澄んだ秋空の下、透き通るほどの水が流れる川の中にこの身を浸したのでした。「いずくまでも行かん。愛するの主の後を」の賛美が、山合にこだましていました。 

 同じく今年は、私が聖書神学校に入学して20周年を迎えました。1999年4月、「献身の思いに強く燃えて」ということでもなく、不思議なほどに淡々としていたことを覚えています。

 そして今年は、私たち夫婦が北海道・北見に赴任して10周年を迎えました。2009年4月、受難週が始まる週、女満別空港から北見へ向かう道中、雪解け後の枯れ木のような木々、黒くなっている残雪、溶けた雪の泥水をかぶった車の多いこと。そんな殺風景な第一印象でした(笑)

2019040710周年
(2019年4月7日 礼拝後)

 そして4月7日の礼拝後に、皆さんから10周年をお祝いしていただきました。花束、賛美、祈り、寄せ書きをいただきました。ありがたいことです。数週間ぐらい前から、何となく何かがありそうな雰囲気は感じ取っていました(笑)

20190407寄せ書き
 
 それでも寄せ書きを読んでいると、私たちが思っている以上に、私たちは愛されているのかもしれないという思いでいっぱいになりました。言い尽くせない賜物のゆえに、神に感謝を捧げます。

(1日1章 Ⅱコリ10章「主を誇る」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |
| ホーム |