FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

検索ワード

 blog記事にしようと思いながらも、季節が巡ってしまっています。まだ雪の残る3月半ばのことですが、市内の大学で開かれていた公開講座に出席してきました。時代は令和になっているのに、3月なのでまだ平成です。

20190315公開講座
(2019年3月15日)

 講座名は、「精神対話士としてのカウンセリング〜アドラー心理学と三浦綾子の作品を用いて」というものでした。副題にありますように、この講座を講義してくださったのは、図書館での三浦綾子読書会であるオリーブ会に集われているI先生でした!私たち夫婦も含めて、読書会関係者5名が集いました。

 「精神対話士」という言葉、また資格を私は全く知りませんでした。そういうものがあったのですね。そしてI先生がその学びをされていたことも知りませんでした。また私はアドラー心理学なるものを学んでこなかったのですが(多分、いや習っているのかな?)、原因論から目的論の例話(「怒り」について)が面白かったです。

 多くの方々が集まっていて、「今までの公開講座で一番多くの参加者となりました」と大学の方が話されていました。「精神対話士」、「カウンセリング」、「アドラー心理学」、「三浦綾子」という4つのキーワードの影響は大きいでしょうね。興味がひかれるだけではなく、検索ワードとしての4語とも言えるでしょう。時代は「キーワード=検索ワード」なのでしょうね。

20190315公開講座2
 
 三浦綾子さんの作品では『母』を用いておられ、「あー、なるほど、この部分ですね〜」と頷いておりました。読書会で見るI先生とはまた一味違い、会場の中を走られ、マイク無しで大きな声で話され、皆さんの心を和ませる話しもされていました。読書会のメンバーが活躍されているのを見ると嬉しいものですね。

(1日1章 Ⅱ列18章「罪を犯しました」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |