FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

反対のことがらが

 月曜日の夜(5月20日)、T神学生とSkype面談をしました。近況(恵みや課題)、学習状況、実習面でのこと、祈祷課題などを聞きながら、私が話し過ぎないように(!)適宜アドバイスや方向付け、時には献身者としての課題などをお伝えします。そしてお互いのために祈りあうひと時を持っています。

 T神学生は、5月19日(日)に礼拝説教の奉仕をされたそうです。とても恵まれたひと時となり、その様子を聞いている私も礼拝全体が神の愛に包まれているような感じがよく分かりました。しかしその日の夜、礼拝メッセージとは反対の出来事があり、少し力を落とされたようでした。

 そこで確認したことは、礼拝メッセージと反対のことがらが起こるのは、聖霊なる神が働いている証拠でだということです。なぜなら主なる神は、その御言葉のようになっていくようにとその反対の部分を明らかにし、そしてそこを取り扱い、癒し、回復しようとしておられるからです。

 私は同じ日曜日、破壊的なものとなり悪魔の働く機会となる「肉の思いからくる怒り」ではなく、宣教や建徳に向かい聖霊の働かれる「霊の憤り」が大切だと聖書のメッセージを語りました。それなのに、昨日の午前中、ちょっとしたことでイライライライラしている自分に嫌になってしまいそうになりました。その時、T神学生と一緒に確認したことを思い出した次第です。



 主イエスの御足の跡を、謙遜になって歩んでいきたいのです。(そう決心すればするほどに、自分の高慢な部分がニョキニョキと出てくるのですが・・・笑)

(1日1章 Ⅰ歴1章「権力ある者」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |