FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

心が折れそうなぐらいに

 昨日は寒かったのです。朝と夜以外にも、妻は暖房をいれておりました。最低気温が10度もなかったので、致し方ありません。そんな寒い日に「忙しいところ申し訳ないけど・・・」と下手(したて)に出る妻のお願いの言葉。外灯の電球の取り替えでした。

20190628外灯
(2019年6月28日 外灯)

 水曜日の祈祷会が終わった後、「玄関が暗いです。電気が切れていませんか?」と言われて気付いたセンサーで反応する外灯の電球切れ。ネジを外した後、なかなかガラスのカバーが取れないのです・・・。潤滑油をさすなどしましたが、うんともすんとも言いません。

 開かない瓶のフタなどを依頼されると、「ここが男としての見せ場」と思ってしまうのか、何が何でも開けます。しかしこのガラスのカバーは心が折れそうなぐらいに難儀で、けっこうな時間がかかりながらもやっとこさとで取り外すことができました・・・。普段使わない腕のあちこちの筋肉が悲鳴を上げています(笑)

20190628外灯2
(切れているミニクリプトン E17)

 妻いわく、「前に取り外す時も、けっこう大変だった」とのこと。私の記憶にはないのですが、きっと次回も大変だろうと思い、「このミニクリプトン、電気屋さんに聞いてLEDのものを買ってきて」とお願いしました。ところが電気屋さんいわく、「外灯ですか? センサーが付いている外灯でしたらLEDは不向きのようで、点かないという声をいただきます」とのこと。そこで再びミニクリプトン電球を買ってきたようです。ま、10年で2回のひと仕事と思うと、致し方ありません。

20190628外灯3
(玄関外を照らす外灯)

 さあ、明日は礼拝です。寒い北海道ですが(時々、すっごく暑くなるのですが・・・)、主の栄光が宮に満ち、一人ひとりが世の光として歩ませていただけますように!特に病の中にある方々に、主の支えと守りをお祈りします。

(1日1章 Ⅱ歴4章「金であった」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |