FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

もう1つ上の

 6月15日(土)、妻と二人で電車を2度乗り継いで向かった先は、滋賀県でした。最寄り駅に降り立ったその駅名は、「膳所」。読めるでしょうか?私は読めませんでした・・・。正解は、下記の画像にあります。

         ↓

         ↓

         ↓

         ↓

         ↓

         ↓

         ↓

         ↓

         ↓



20190615膳所
(2019年6月15日 膳所駅)

 正解は、膳所(ぜぜ)でした。難読地名のようです。知らないと読めないですね。鉄ちゃんのO君なら読めるでしょうねぇ。奈良県に「御所(ごせ)」というところがあるのは知っていましたが、膳所は見たのも聞いたのも、そして降り立ったのも初めてでした。

 N先生ご夫妻とお交わりをした後、宿泊先に連れて行っていただきました。「何だか立派なホテルで、分不相応だなあ」と恐縮しながら、フロントで受け付けをしました。すると「お客様がご予約いただいたお部屋は、誠に申し訳ありませんが当方の都合でお部屋がいっぱいになりましたので、もう1つ上のお部屋を用意させていただきました」とのこと。

 N先生と分かれ、ホテルの方が部屋まで案内してくれました。そして案内の方が言われるには、私たちに用意された部屋は、な、な、なんと、ス、ス、スイ〜トルームだったのです!もう1つ上というのは、もう1階上ということではなく、もう1ランク上のお部屋という意味だったようです。

20190615ホテル
(2019年6月15日 宿泊先の部屋から)

 まさかと思いつつ、「この宿泊料金は、予約した時のものですよね?」と尋ねたところ、「当方の都合によるものですので、もちろんそのようになっています」とのことで、N先生に気兼ねすることなく安心し、ベッドルームとは別にあるリビングでくつろぎました。

 N先生ご夫妻にお話すると、「先生たちは、神様から特別に歓迎されているんですね〜」と喜んでくださいました。それに見合う(?)奉仕ができるかどうかは、はなはだ心もとなかったのですが(笑)

 さあ、明日は礼拝です。どなたも心から神様に歓迎されています♬ 1つ上どころか、人知では測り知れない神の愛に包まれますように。

(1日1章 Ⅱ歴11章「わたしから出た」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |