FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

前を向く

 7月7日の七夕の日曜日。2019年の後半最初の礼拝の日となりました。北海道・北見は暑いのか、寒いのか、ストーブを焚いたり、冷房を入れたり・・・。「もう今年の夏は終わりました」と勝手に宣言している人もいましたが、この日は久々に「暑いかも!」と思う日でした♬ でも夕方には涼しくなります。以下は、礼拝メッセージの断片集です。

20190707
(250字のエッセンスは、コチラ

 トウザーという牧師がこういうことを話しています。
「もしもあなたが誰かに説得されてキリスト教を信じたのであれば、誰か賢い人に説得されてキリスト教から離れることもあるだろう。しかし、聖霊が内側を照らし明らかにするなら、誰もあなたを説得してキリストから離れさせることはできない」



 自分が失敗しないように、自分がほめられるように、上手くできるように、相手に言い負かされないように、自分の主張が通るように、自分の思い通りにいくように・・・。それは成熟したキリスト者の中心ではありません。それは肉の思い、私の思いが中心になった生き方で、自分の心が苦しく、虚しくなっていきます。愛する兄姉、大切なことは、内側におられる聖霊に働いていただくことを切に願うことです。そのことを願い祈る、それがキリスト者の成長、成熟の一歩なのです。



 ここで使われている「励ます」という言葉は、「前向きにする」という意味があるそうです。前とはどっちの方向でしょうか。もちろん積極的に、肯定的にという意味での前向きということもあるでしょう。しかしキリスト者にとっての前とは、主なる神のことでしょう。つまり、励ますといことは、愛と真実に神、命の神に向かって真っ直ぐに向かうようにするということです。私たちが誰かの助けになるということ、その目標は、前を向けるように、励ますということ、真実な神に向かっていけるように励ますということ、それが誰かの本当の意味で助けになるということでしょう。



(1日1章 Ⅱ歴14章「主の目に」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

礼拝メッセージの断片集 |
| ホーム |