FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

恩師譲りだなあ

 先月の長期出張の最後は、恩師訪問でした。少し前から入院されたということで、病院に向かいました。高齢ということもあり、「私のことは思い出せないかもしれないかも」と妻は言っておりました。面会の部屋に座られた恩師は、私たちの訪問を喜んでくださり、何のことはなく、すらすらと妻の名前を呼んでおりました。

20190620恩師のいる病院
(2019年6月20日 病院)

 近況などをお聞きしながら、あっという間に時間が過ぎていきました。最後にお祈りをさせていただく中で、何度も力強く「アーメン」とうなずかれていたことが印象的です。

 私は自分の牧師としての所作、心構え、センスなどは、やはり恩師譲りだなあと思うことが時にあります。どこの教会でもそうと言えばそうなのですが、信徒は牧師に似ていくものだと思います。もちろん本質的には、牧師の内におられるキリストの姿だと思うのですが、それに付随する様々なことがらも似てしまうんだなあと感じています。

 妻は時々、「あなたのその言い方、あなたのお義父さんに似ている」と言います。自分でも時折、自分の声は父親に似ているなあと思うことがあります。

20190620病院前の花壇
(2019年6月20日 病院前の花壇)

 さあ、明日は礼拝です。人は礼拝する対象に似た者となると聞いたことがあります。栄光から栄光へと主と同じ姿に帰変えられていくことを願いつつ。

(1日1章 Ⅱ歴18章「なにごころなく」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |