FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

汚れた手 【No.271】

ある用事で、バプテストの牧師に電話をしました。
「今日は祈祷会などありますか?」と尋ねたら、
「あと1時間ぐらいで『洗足式』が始まります」と言われました。
その日は受難週の木曜日、そうイエス様が十字架に架かられる前の夜、
弟子たちの足を洗われた日なのです。

いつか「洗足式」をしたいなぁと思っています。
神学生の時に一度経験したことがあるんです。
同部屋の方と足を洗い合ったのです。
すると相手の足を洗面器に浸けた時、指と指の間からホコリが浮いてきました・・・。
「しもべ」になることの意味、イエス様がそうして下さったこと、
少しだけ理解できたような気がしました。

洗足式

「洗足式」は、相手の足を洗うだけではなく、自分の足も洗われます。
相手の足を洗うことよりも、自分の足が洗われること、
ましてや自分の足が汚れていたら、大きな抵抗を覚えるでしょう。
もし教会で「洗足式」を行うことを告知したら、
恐らくほとんどの方は、その日にはいている靴下や足をチェックし、
もしかすると事前に足を洗ってくるかもしれませんね(笑)

でも、それでは「洗足式」の意味は薄らぐような気がします。
汚れた足を洗うのもなんなのですが、
自分の汚れた足を洗ってもらうのもなんなのです・・・。
そう考えると、「洗足式」の意味って深いかもしれません。
「洗足式」をするなら、抜き打ちの方がいいかもしれません(笑)

先日の受難週祈祷会で、私たちの教会では聖餐式の時を持ちました。
主イエスの十字架を見上げつつ、その意味を確かめながら、
聖餐式の恵みにあずかりました。

式辞を読み、聖書朗読をし、祈り、
そしてパンを裂こうとして自分の左手を見た時に、
「しまった!」と思ったのです。

My Hand

忘れてはいけないことを覚書として手の甲に書いていたのでした・・・。
いつもは伝道師の妻に分餐してもらうのですが、
この日はみんなに前に出てきてもらっていました。
「汚れた手」であることを心の中で主にお詫びしながら、パンを裂きました。

もちろん聖餐式の前には、きちんと手を洗っているのですが、
今回は手を洗った後に覚書を書いてしまったようです・・・。

洗足式の足と聖餐式の手のお話しでした。
ちゃんちゃん!



日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<新ストーブ 【No.272】 | ホーム | If I knew 【No.270】>>

コメント

手の甲って、実にメモしやすい場所ですね。
医療介護系の人もよく手の甲にメモしているのを見ます。
手の甲にうまくフィットするメモ帳を誰か開発してくれたらいいのに(^O^)
2010-04-14 Wed 16:34 | URL | タミー [ 編集 ]
Re:
タミーさん、こめんとをどうもです!

そう、メモしやすいんですよね~。
一時期は小さな小さな手帳を持ち歩いていたんですけどね~。
2010-04-14 Wed 21:35 | URL | ひよ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |