FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

美味しい牛乳 【No.27】

 「すっごい美味しい牛乳を飲んでいる夢を見た~」、先週の月曜日の朝、妻がそう私に言うんです。「ふ~ん」と、自分の興味のないことにはそっけない私。

 私は小学生の頃、牛乳大好き少年でした。ご飯の時にも牛乳を飲んでいたぐらい好きでした。でも何故か中学生になってから飲まなくなり(ちょっと後悔・・・)、高校生、大学生、社会人と大人になるにつれ、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロなるという具合で、ほとんど飲まなくなりました。

 この日はoffということもあり、野菜の直売所探しに出かけました。同じ北見市内ですが、車で40分ぐらい走ったところにある道の駅「おんね湯温泉」に行ってきました。

 温泉街もあるのですが、今回の目的はあくまでも「野菜の直売所」探しなので、温泉にはつかりませんでした。「必ずある」という大きな期待のもと道の駅に着きました。しかし残念ながら野菜の直売所はなく、「世界最大級のからくりハト時計塔」がありました。

からくり時計

 ちょうど夕方の5時近くで、私たちもベンチに座ってからくり時計を眺めていました。人々も集まって来て、5時になると音楽とともに人形などが出てきたのですが、「1回見たらいいかぁ」という程度のものでした・・・(笑)

 野菜の直売所はなし、世界最大級のからくりハト時計もイマイチで、せっかく来たのだからと、2人で美味しいソフトクリームを食べていました。その時、そう、そうなんです。妻が見つけてしまったのです!それは・・・・


























生牛乳

 そう、今朝の夢で出てきた美味しい牛乳でした!「生牛乳」として売られていたので、お持ち帰りで1本買ってあげました。そして夢と同じように「すっごい美味しい牛乳」と言いながら飲んでいました。

 メデタシ、メデタシ。

 私はあまり良い夢を見ないので、「あー夢で良かった」と思うことが多いものです。でも、良い夢は正夢になると嬉しいですね! Dreams come true

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<リバーサイド 【No.28】 | ホーム | 知らない食物 【No.26】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |