FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

笑い声 【No.284】

毎週の礼拝や祈祷会にお母さんと一緒に来るSちゃん。
1歳の女の子のSちゃんは、
先日生まれた私の姪と同じ名前です!

Sちゃんは1歳の女の子とは思えないほどに、
オムツを左右に振りながら目標に向かって「猪突猛進」します。
こんなに「猪突猛進」という言葉がぴったりの赤ちゃんを知りません!

とっても可愛いです。
そして大物になりそうな予感が大です!

私がピアノを弾いて奏楽をしていると横にきて弾きたそうにしたり、
突然何かを訴えるかのような声をあげて叫んでします。
いずれその叫び声も賛美や祈りに変わっていくことでしょう♪

御手

ここ何回かの礼拝や祈祷会の中で、
私の言葉に皆さんが大笑いする時がありました。
するとSちゃんもみんなの真似をして大笑いするのです♪
その姿がとっても楽しいですね。

大人が教会の中で神妙な顔つきをしていたら、
幼な子もそういう雰囲気を感じ取り不機嫌になるでしょう。
しかし明るい笑い声があると、幼な子も一緒に笑います。

幼な子ってバロメーターのような存在だなぁと思いました。
イエス様がそば近くにいることを願った幼な子の笑い声が、
教会に溢れていくって素敵なことだなぁと思いました。
明日も笑い声が聞こえるかな~?

幼な子
  
  「そのとき、イエスに手をおいて祈っていただくために、
   人々が幼な子らをみもとに連れてきた。
   ところが、弟子たちは彼らをたしなめた。
   するとイエスは言われた、

    『幼な子らをそのままにしておきなさい。
     わたしのところに来るのをとめてはならない。
     天国はこのような者の国である』」
                 マタイ19:13-14



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<雪の下で 【No.285】 | ホーム | 超越 【No.283】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |