FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ほろ苦い春の味 【No.286】

 先週の金曜日、小清水町での家庭集会の帰りに、試しにふきのとうを採ってみることにしました。「天ぷらにしたら美味しいよ」という妻の言葉に乗せられました♪

ふきのとう?

 成長して開いているものよりも、つぼみ状態の方が美味しいそうです。そこでつぼみのものを探すのですが、もう時期が遅かったのか、けっこう開いているものが多くありました。

 でも諦めずにちょっと奥の方まで入っていきました。「熊が出てくるかなぁ」なんてドキドキしましたが、つぼみ状態のものをけっこう摘むことができました♪

ふきのとう

 今日は「とりあえず」ということで、20ぐらい摘んで帰りました。早速、妻が水洗いし天ぷらにしてくれました。

ふきのとう?

 私はwebでふきのとうのことを調べていると、「採りたてをすぐに揚げると苦みが少ない」、「開いている状態のものもけっこう美味しい」、「あんな苦いものをどうして食べるのか、意味が分かりません」などなど、相変わらず十人十色の意見がいっぱいでした(笑)

 驚いたことは、ふきのとうが北海道のものだと思っていたのですが、本州でもどこでもあるそうです。知りませんでした。そんなに都会に住んでいたわけでもないのですが・・・。

ふくのとう⑥

 そうこうしているうち、ふきのとうの天ぷらが出来上がりました♪早速、妻が食べるのを見届け、その感想を待ちました。まるで毒見をさせているようです(笑)

 「うん、ほろ苦くて美味しい♪」という言葉を確かめ、私も箸を延ばし、天つゆにつけていただきました。「お、確かにこれはいける!」と思いました♪

 ゴールデンウィークは、山菜採りにでも出かけようかと思いつつ、3つ目のふきのとうを口に運んだところ、これがまためちゃくちゃ苦いのです。ピーマン、ゴーヤなどの苦さとは違う苦さです・・・。

ふきのとう⑦

 結局、私が口に運んだふきのとうは、2つ半でした。翌日もどんぶりになって出てきましたが、私は玉ねぎの天ぷらだけをいただきました(笑)

 ほろ苦いというよりも、ほろほろほろほろ苦いふきのとうデビューでした!


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ギフト 【No.287】 | ホーム | 雪の下で 【No.285】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |