FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

オイシクナイ? 【No.297】

私は、1999年に神学校(CBC)に入学しました。
同期入学生は、11名でした。(卒業は13名)
日曜日には、関東近辺の教会へ奉仕&実施研修のために派遣されました。
最初に派遣された教会は、横浜にある牧師が韓国人の教会でした。

その教会には「訓練生」と呼ばれる方々が数名おられ、
日本人に宣教するために韓国から来ていました。
とても仲良くなり、日曜日は朝から晩まで彼らと共に奉仕をしました。

翌年、その訓練生の中から2名が神学校に入学してきました。
入学式が終わり、学校関係者その他の来賓の方々と昼食を共にしながら、
「新入生歓迎会」を行ったのを覚えています。

部屋にて
(寮でくつろぐ、当時の私)

その新入生歓迎会で、韓国から来ていた李さんはまだ慣れない日本語で、
しかも独特のイントネーションでこういう挨拶をしました。

「シュイエスノタメナラ コノイノチ オイシクアリマセン!」

まさに惜しかったのです!
「オイシク」ではなく「オシク」ありませんでした。

先輩や女性と歩いていると、さっとドアを開けてくれたり、
それがまた動きに無駄のない、ジェントルマンの仕草でした。
そして同時に、主イエスのための一直線な思いを持っていました。

李さんは、ビザの関係で半年ぐらいで帰国しなければならなくなりました。
そんな李さんの「主イエスのためなら、この命、惜しくありません」という言葉を、
今週の礼拝のメッセージ中に思い起こしたのです。

「主イエスのためなら、この命は惜しくない」、
そういう生き方をしているだろうか、そんなことを自問しつつ、
ヨハネ21章を読み直しています。



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ゴールドクレスト 【No.298】 | ホーム | 今年も、フラワーパラダイス 【No.296】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |