FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

疲れた? 【No.334】

「私たち夫婦がお世話になっている札幌のS先生と
 出先の宿泊先から林の中へ散歩に出かけました。
 この時期の北海道の山の中は、とっても気持ちが良いです♪

 林の中をいろいろと散策していたのですが、
 途中でS先生が私たちからはぐれてしまいました。
 それでも気にせず、私たちはホテルへ戻りました。

 forest

 しかし待てど暮らせどS先生は戻って来ないのです。
 そこで私たち夫婦は、林の中を一生懸命S先生を探しました。
 S先生の名前を呼びながら探すのですが、いっこうに見つかりません。

 もしかすると道に迷って遭難している?
 足を滑らせて崖から落ちたとか?
 熊に襲われた?(北海道では、山菜採り中に時々あることです)
 時間が経てば経つほど、いろいろと不安は募ります・・・。

 もう一度ホテルへ戻っても、それでもS先生はいないのです。
 そこでフロントに事情を説明し、館内と館外にアナウンスをしてもらいました。

 するといつもの笑みを浮かべたS先生が私たちのところに現われました!
 S先生は『いや~、冷たい、美味しい麦茶を飲んでいました♪』と
 とっても幸せなそうな顔で言われました」

 麦茶

・・・・っというような「夢」を見た、と妻が疲れた顔をして起きてきました。
失礼しました、全て妻の夢のお話しでした(笑)
妻は「ありそうな夢」と言うのですが、私もそう思いました。

疲れをとるために寝ているのですが、
夢の中でS先生を探し過ぎて疲れ果てたそうです。
もちろんS先生に何らこの疲れの責任はありません!



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<警察官と 【No.335】 | ホーム | 土砂降りの雨の日に 【No.333】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |