FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

大きな喜び 【No.365】

北海道教区の中高生キャンプとCA(青年)キャンプの奉仕を終えて、
O先生、C宣教師が北見の教会に寄ってくれました♪
金曜日(8/13)にキャンプが終わり、火曜日(8/17)のお昼の飛行機までと
メインのキャンプよりも長い滞在となりました。

日曜日(8/15)の朝の特別礼拝でC宣教師にミャンマーのことを証ししてもらい、
O先生に礼拝メッセージをお願いしました。
午後からのゴスペルではC宣教師にショートメッセージ、
O先生がドラムを叩いてくれました。
夜のⅡ礼拝では朝の礼拝と同じ内容をお願いしました。

O先生とは神学校の同期入学ということもあり、
遠慮なくたくさんの奉仕をお願いしてしまいました♪

特別集会

O先生は「全心全霊全力の礼拝」という主題でメッセージを語ってくれました。
神学校時代のO先生を知っている人にとっては、驚きのテーマです(笑)
ペンテコステ派の持つ礼拝の豊かさを改めて確認できたことは喜びです。

C宣教師のミャンマーや日本での証しも、
「神様って素晴らしいなぁ。すごいなぁ」と思わずにはおれませんでした。
天真爛漫のように見えて、実はとっても愛の配慮をしているC宣教師、
まるで大きなヒマワリが咲いているようで、楽しい交わりを喜びました。

夜のⅡ礼拝では、1人の男性が初めて集われました。
その方の住まわれている町は、
先日訪れたK神学生がトラクト配布をされた地域で、
「まさか!」と思い、「案内を見てこられましたか?」と聞いてました。
すると「いいえ、橋を渡っているとよく見えるので、行ってみたいと思って」
と言われました。

K神学生が配ったトラクトを見て来られたわけではありませんが、
それでもK神学生の祈りは、確かに神様に届いています!

そして初めて集われたその男性は、その礼拝の中で
「これからイエス・キリストを信じていきたい」と手を挙げて決心されたのです!
そこには天の御使いと共に大きな喜びが満ち溢れていました♪
(その方は、次の週の礼拝にも喜んで集っています!)

ピアソン記念館にて
(ピアソン記念館にて)

今年は同期入学のO先生が北見を訪れてくれ、
去年は神学校の同期卒業生のK先生が横須賀から来てくれました。
思いがけない2人(?)の同期生が、こんな形で応援をしてくれるとは、
これっぽっちも(笑)想像していなかったことです。

良き友、良き同労者が与えられているということ、
そしてこれからもお互いの状況をより具体的に
祈り合えるということが大きな喜びです。

そして今後どんな形で恩返しが出来るだろうかと考えていることも、
これまた私にとって大きな喜びです♪



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ラーメンを食べながら 【No.366】 | ホーム | 優勝おめでとう! 【No.364】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |