FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

駆り立てられる【No.401】

関根一夫先生の「新しい皮袋」という本を久々に読んでいたら、
ゴードン・マクドナルドという人が、
「感情や気負いに駆り立てられている人の姿」として
以下の8項目を挙げていることが紹介されていました。


 1.業績をほめられることが最大の喜びとなっている。

 2.自分の業績の評価に結びつくかどうか
   ということのみ心を向けている。

 3.自分で抑えられないほど
   「業績拡大」ということのみ意識が捕えられている。

 4.正直さ及び人格の成熟、完成ということには、
   あまり興味を示さない傾向がある。

 5.人間関係において、
   しばし非常に未熟な(独善的・独断的)面を持っている。

 6.競争心が異常なほど旺盛である。

 7.火山のような怒りの爆発を表すことがある。

 8.異常に多忙である。


仕事人間になりやすい男性、また教会の牧師としての私は、
時々こういうことをチェックする必要があるなぁと思います。
(関根一夫師や掘肇師の本は、いつの間にか忘れてしまいそうになる
 たくさんの気づきを与えてくれます)

もちろん聖書を読んで聖霊なる神と交わり祈っていたら、
以上の8項目のようなことにはならないと思うのですが・・・。

私は久々に会った友人を通して、特に4番を大切にしたいなぁと思っています。
祈祷会で「御霊の実」を学んでいるということもあり、
「愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制」を唱えるだけでなく、
キリストの品性として聖霊によってが結ばせて頂きたいなぁと思います。

秋の朝

短い北海道の秋、一日の始まりの透き通るような秋の朝、
主の前に心を静めながら、
「感情や気負いに駆り立てられていないか」を確認したいと思います。

キリストの愛に強く迫られ(Ⅱコリント5:14、口語訳)、
キリストの愛に取り囲まれ(Ⅱコリント5:14、新改訳)、
キリストの愛によって駆り立てられる(Ⅱコリント5:14、新共同訳)、
そういう駆り立てられ方なら、平安と確信をもって歩んでいけるでしょう♪


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第56回北海道聖会【No.402】 | ホーム | 免許更新 【No.400】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |