FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

目的と結果【No.411】

「それは、イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、
 地の下にあるもののすべてが、ひざをかがめ、
 すべての口が、『イエス・キリストは主である。』と告白して、
 父なる神がほめたたえられるためです」
                    ピリピ2:10-11

先週の礼拝メッセージで以下のようなことを分かち合いました。

「私たちは賛美をすると元気になります。
 でも私たちは元気になるために賛美するのではないのです。

 神様をほめたたえること、これが賛美です。
 賛美や礼拝の中心・主人公は、私たちではなく神様です。
 救われたこと、愛されていること、偉大な神様をほめたたえて賛美をする、
 その結果、私たちは神様に造られた霊的な本来の人となるので、
 魂が元気になっていくのです。

 賛美をして元気になるのは目的ではなく結果です。

 お誕生日の主人公は誕生者で、誕生日の歌を歌っている人ではありません。
 誕生日の歌を歌っている自分が気持ちよくなるために歌っているのではなく、
 誕生日を迎えた方の存在を心から喜び祝福して歌います。
 でも誕生者を祝福すると嬉しくなってきます♪
 
 同じように、いやそれ以上に、
 私たちが満たされ元気になるための賛美ではなく、
 心から神様をほめたたえて賛美をしていく、これが本物の賛美です。
 そして本物の賛美を捧げている人は、どんな状態の中でも元気になれます!」

楽譜

賛美だけではなく、礼拝や信仰も同じだと思います。
自分が満たされ恵みを受けるための礼拝なのか、
神様に自分自身を捧げる礼拝なのか(ロマ12:1)。
自分自身を捧げる礼拝になってこそ真の恵みが満ち溢れます!

神様を召し使いのようにして自分の願いを聞いてもらう信仰なのか、
神様が羊飼いであって神様の願いが自分に成就していくことを願う信仰なのか。
羊飼いなる主に従っていく時、乏しくない満ち足りた人生を歩めます!
(詩篇23篇)

時々、目的と結果が入れ替わってしまいます。
微妙なことのようで、けっこう根本的なことだと思います。
でもけっこうずれちゃってしまうんですよね~。
チューニングしなきゃ!



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来たときよりも・・・【No.412】 | ホーム | CMの場所【No.410】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |