FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

チェック!【No.423】

「難しいなぁ」と思いながら、忍耐しつつ本を読む時があります。
やっぱり「頭がよくないなぁ」とも思います。自分の頭です。
難しい内容でも、自分のものとして理解できる人をうらやましく思います。

また読んだ本の内容がなかなか頭に入らないんですね~。
だから「読書ノート」を作っては、時々読み直したりします。
それでもなかなか頭に残らないので、心にも根づかないんです。

先日読み終えた本も、とっても良い内容だったのですが、
ところどころ難しかったり、自分の中に入ってこなかったりしました。
それでも全部読み終えるためにベッドの中で読み続けました。

そして気付いてしまったのです。
「翻訳がよくないんだぁ」ということです。
例えば、以下のような文章がありました。

 「したがって、人間被造性結果として人間神知識限界を
  彼が指摘しているという点で、
  彼の神学は『否定』神学であると見なされうる」

分からないわけではありませんが、こんなに「の」を連発されると
頭の中の脳みそが自爆しそうです(笑)

翻訳者がいるからこそ、その恩恵にあずかっているわけであって、
それが嫌なら原典を読めということになります。
そう言われると、ぐうの音も出ないので、白旗です(笑)

eiji

かく言う私も、自分の記した文章を必ず妻にチェックしてもらいます。
週報の文言から、何かに発表するものまで、まずは妻に読んでもらいます。
そして誤字脱字、「の」の連発を指摘されるんですよね~。

間違いを指摘されると一瞬「イラ」っときますが、助かっています。
っということで、今日も明日の週報チェックをお願いしています。

(このblogだけは、妻のチェックはありません!
 思い出したかのように読んで、自分のことが書かれていないか、
 内容のチェックはしているようですが・笑)



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<木の葉のように【No.424】 | ホーム | 陣中見舞い【No.422】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |