FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

存在【No.431】

先月と先週、礼拝堂のある物を交換し、ある物を設置しました。
毎週のように礼拝を捧げに教会へ集っている方でも、
言わなければ誰も気づかなかったものです。

会堂

1つは、正面のスピーカーです。
F先生ご夫妻が、持ってきてくれました!
お願いしていたわけでもないのですが(笑)、
突然のようにやって来られて、設置していかれました。

スピーカー

F先生はスピーカー類に明るいようで、
ご自身でいろいろと分解しては組み立てておられるようです。
そう言えばF先生の教会の講壇下と2Fの屋根裏には、
考えられないほどのスピーカー類が収納されていました(笑)

今回のスピーカー、確かに以前のものよりも良い音が出ています♪
お心遣いに感謝します。

さて先週、礼拝堂に設置したある物については、まだ誰も気づいていません。
恐らく言わなければ分からないだろうなぁと思います。
それは、上記の画像にも写っていますが、これです↓

警報機

火災警報器です。
消防法の改正によって火災報知機の設置が義務化されたので、
毎日のようにストーブを点けるこの時期に設置しました。
(消防法によると、確か来年6月までに設置すれば良かったかな?)

火災報知機を付けながら思ったことがありました。
出来ればこの報知機は使われない方が良いのです。
つまり火事が起こらなければ良いということです。
たとえ1度も使われることがなかったとしても、その存在意義は大きいのです!

ヒトもモノも、目に見える目立つ働きをするものだけが、
有意義な存在ということではないでしょう。
目立たなくても、何の生産性も無いように思えたとしても、
それでも「そこにいる」ということの意味があるはずです。

以前にblogで記した「置き薬」のこと、
その中で記した三浦綾子さん「消火器」の文章を思い出しました♪



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トイレの前【No.432】 | ホーム | 日本国際ギデオン協会の働き【No.430】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |