FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

雪が・・・【No.435】

月曜日から教区会のために、旭川の近くの深川に出かけていました。
前日から神学生さんが一泊していて、一緒に出かけることになり、
旭川の教会に行ったことがないということなので、途中で寄ることにしました。

まずは三浦綾子さんの小説で有名な塩狩峠に行き、
そして旭川の教会にいく予定で余裕をもって出発しました。

その途中、旭川のF先生から携帯に電話があり、
「旭川はとっても吹雪いているので、塩狩峠も教会訪問も無理ですよ。
 かなりの吹雪で視界がないので、北見に戻ることも考えては?」
とのことでした。

出発地の北見は、気持ちの良いほど晴れ渡っていて、
まだ私のいる町には雪は降っていないと思いますし、
教会の周りに雪のかけらもありません。

「同じ北海道なのに、こうも違うのだろうか?」と思いつつ、
旭川方面に向けてそのまま走っていきました。
しかし、やはりF先生の言うとおり旭川に近づくにつれて、
どんどん雪が降ってきたのです!

神居

今年初めての雪道運転で、ちょっと緊張しましたが、
予定していた塩狩峠は、3人が殉教してはいけないと諦め(笑)、
旭川の教会に何とかたどり着きました。

(神学生さんも、その模様をblog「神ちゅう☆song」に綴っていました!)

画像は旧会堂ですが、吹雪く中、F先生の運転に大いにスリルを味わいながら、
神学生さんのために丘の上チャペルを少しだけ見学をしました。

雪の車

↑これは昨日朝の車の状態で、教区会が終わった夕方頃には
もっとたくさんの雪が車に積もり、雪を落として帰路に着きました。
途中、白滝あたりでだんだんと雪の量が少なくなり、
遠軽あたりではほぼ雪はありません。

そして北見に入ると、雪を載せた車は私たちだけで、
北見はとっても冷たいのですが今年の雪は遅いようです。
同じ北海道でも雪の降る量と時期は全然違うなぁと思いました。

雪かきの日々も、もうそこまで来ているようです!


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「きりすとを」【No.436】 | ホーム | クリスマスに備えて【No.434】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |