FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

流氷を見に行こう③

シリーズ「流氷を見に行こう」③です。
見に行ったのは、月曜日のことです。

さて、網走を離れて北海道の大地を背にして沖に出たのですが、
いよいよ氷の大地に突入します!
遠くの方ですが、国の天然記念物のオオワシが出迎えてくれました♪

流氷⑥

ちょっと大きなボリュームだった船内放送を聞いていると、
砕氷船おーろら号は、厚さ1mまでの流氷を砕いて進むことができるそうです。
「ん?たった1m?」と思ったのですが、確かそう言っていたように思います。

それでも1Fのデッキから音を立てて流氷を砕きながら進む様子は、
とっても迫力がありました!

流氷⑦

この頃には、もうデッキの上は中国の方で賑わっていました。
私の横の中国人の男性は、一眼レフを首からぶら下げ、
一生懸命にシャッターを切っていました。

それでも、斜め前方にいる天然記念物のオオワシに気づいていないようなので、
腕をとんとんと叩いて、「あっち、あっち」と教えてあげました。
すると「おーありがとう!素晴らしい」と言っているはずの中国語で返答され、
レンズを合わせてシャッターを切り始めました。

流氷⑧

残念ながら、私のカメラはお手ごろなデジカメなので、
実際の目で見るよりも小さく小さく写っていました(笑)
アザラシには会えませんでしたが、オオワシだけでも見られて良かったです。

同じ北海道でも、オホーツク海側に住んでいる人以外は、
流氷を見たことがないという方々が多いようです。

我が妻も道南の函館出身なので、初めての流氷だったようで、
とっても寒がりなのですが、耳を赤くしながらしばし眺めていました。

流氷⑨

カメラが良ければ、もっと美しくこの感動をお伝えできるのですが、
実際とは違いますね~、やっぱり。流氷は見るに限るですね♪
「寒いから、寒いから」と脅されて着ぶくれしましたが、
それほどでもなく、雄大な自然に圧倒されました。

何だか、地球の丸さも写っているように見えるのですが、
そんなことはないですよね???

流氷⑩

流氷って、単に海が凍ったものと思っていたのですが、
アムール川からオホーツク海に注ぐ淡水が氷結し、
南下するにつれて大きく成長したものとのことでした。

ロシアから流れてきた流氷。
ロシアまで続いている流氷。
歩いていけば、ロシアに行ける???

さぁ明日は天と地を造られた偉大な神様を心から礼拝しよう♪



日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<流氷を見に行こう④ | ホーム | 流氷を見に行こう②>>

コメント

あぁ~見たかった!
と思いつつ紋別の流氷情報をチャックしている今日この頃です。
でも、先生のブログで見れて感謝!!ありがとうございます。

スクーリングで神学校に行くと、ブログ宣教が話題になっていて盛り上がっていました。
なので、今更ながらブログ設置してきました。
広報部がやる気になっています。
http://takadonocbc.blog96.fc2.com/
応援お願いしますm(__)m
2011-02-07 Mon 11:15 | URL | mako [ 編集 ]
makoさん、コメントをどうもです!

私がまだ見ていない鮭の遡上を見たのですから!
いつか北見を中継に、見に来て下さい。
もちろんおーろら号ではなく、ガリンコ号ですね!

「たかどの」を見させて頂きました。
私たちの時にあった神学生文集「たかどの」を思い出しました♪

「ブログ」は、「トラクト配布」と同じで、
あくまでも宣教の「入口」だなぁと思っています。
でも「入口」は大切ですよね~♪

2011-02-07 Mon 22:10 | URL | ひよ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |