FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

いざ、紋別へ③

13日に紋別へ礼拝奉仕へ出かけた記事の続きです。

とっても吹雪いている日なので、いつもの道とは違う
遠軽・北見道路という自動車専用道路を通ることにしました。
細い道だと除雪をしていない可能性があったからです。
北国2年目の知恵です。

しかしこの選択が裏目に出て、紋別への到着が遅れてしまいました・・・。
途中で電話を入れて遅れる旨を伝えました。
礼拝奉仕をする身で、しかも司会・奏楽・メッセージの3拍子なのに。

雪のためとは言え、遅れた申し訳なさと焦りが込み上げてきました。
しかしこの焦りを表に出すと、礼拝の雰囲気が悪くなります。
教会近くの駐車場で、心を静めて祈り、それから会堂へ向かいました。

お馴染のTさんとNさんが、笑顔で迎えてくれました。
Sさんが私の上着をかけてくれました、恐縮・・・、でも感謝!

「一番前に座っている男性は誰だろう???」と一瞬思いながら、
挨拶を交わし「初めてではないですよね?」と聞くと、
笑顔で「違います」と答えられました。
「Yさんですか?」と尋ねると「そうです!」とのこと。

このYさん、私が一昨年初めて紋別へ礼拝奉仕に行った時に、
Yさんも転勤で紋別に来られ、初めて礼拝に出席されていました。
引き続いて礼拝に出席されていて感謝でした。
後で「若返ったような気がして、一瞬分かりませんでした」と言うと、
さわやかな笑顔が返ってきました。

紋別神召基督教会
(S神学生のblog「神ちゅう☆song」より画像を拝借)

紋別の教会には立派なエレクトーンがあるのですが、
私は司会&奏楽なので会衆の方を見ながら賛美したいので、
電子ピアノを持参しました。
しかし遅れてきて準備をする時間がなく、
会衆を見ながら奏楽できる足踏みオルガンを使用しました。

また紋別の教会はプロジェクターを購入されていたので、
USBチップにpptファイルを持って行ったのですが、
どちらが古いのか、パソコンにUSBが反応しませんでした・・・。

私は他教会で奉仕者として礼拝を捧げる時はとっても緊張します。
その上20分遅れぐらいで始まってしまい申し訳なく思っていました。
さらに様々な不測の事態も発生しての礼拝でした。

しかし足踏みオルガンを弾き始めて賛美を捧げる中で、
神様の大きな御手に握られているような安心感に包まれ、
まるでホーム(?)で礼拝を捧げているかのような思いになりました。

私は紋別の群れに来るといつも感じることがあります。
それは「確かに聖霊なる神様が働いておられる」ということです。
賛美を捧げる中で、御言葉を語る中で、爆発的というよりも、
確かに堅固に聖霊なる神様が働かれているように思うのです。

そんな聖霊に導かれた礼拝の様子を、明日も引き続き報告します。



日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<いざ、紋別へ④ | ホーム | いざ、紋別へ②>>

コメント

うぉ~ 盛り上がってきましたね。

いいところで「つづく」・・・ですね。

でも、礼拝の様子が目に浮かびます!ハレルヤ!
2011-02-17 Thu 10:57 | URL | mako [ 編集 ]
Re:
makoさん、コメントをどうもです!

期待されているような内容かどうかは分かりませんが(?)、
礼拝の様子は明日に続きます。
2011-02-17 Thu 23:10 | URL | ひよ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |