FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

いざ、紋別へ⑤

(13日に紋別へ礼拝奉仕へ出かけた記事の続きです。
 結局5回シリーズになってしまいました。今日で完結します)

幸いな礼拝を終えて、駐車場に行き車に乗り込んで、
私は人生初めての体験をしました。

それは、何とエンジンがかからないのです・・・。

何度キーを回してもかからないのです。
吹雪の中で、とっても嫌な感じ・・・。
ハッと思ってライトを確認すると、何と補助ライトのスイッチが入ったままでした。

吹雪のために安全策を取って遠回りをしたために、遅れて紋別に到着したので、
早く礼拝堂に行かなければという思いがあったのでしょう。
ライトのスイッチを切り忘れていました。
ライトのスイッチを切り忘れてエンジンを切りドアを開けると、
「ピー」と音が鳴るはずなのですが、吹雪のために聞こえなかったようです。

バッテリーが上がってしまい、エンジンがかからない車の中で、
果てさてどうしたことかと考えました。
まだ礼拝堂にいる信徒の方に言って、車屋さんを紹介してもらおうと思い
教会に向けて歩き始めましたが、心配をかけてはいけないと引き返しました。

その途中、「JAFだ!こんな時のためのJAFだ」と思いつき、
早速車から電話をしたところ、30分以内で駆けつけますとのことでした。
一安心しながら車内で待っていると、何と私の車の隣がWさんの車でした。
かくかくしかじかとお話しし、ばつの悪いところを発見されてしまいました(笑)

JAFが来られて、すぐにエンジンはかかりました♪
「バッテリーはそろそろ買い換えた方が良いですね~。
 寒い時はエンジンがかからないかもしれませんね~」とのこと。
そう言えば車検の時にも同じようなことを言われたので、そろそろです。

初めてのJAFは、もちろん会員なので無料です。
正規の値段を見ると「12500円」と書いていたので驚きました。
まさかそんなにしないだろ・・・と思いつつ、とにかく助かりました。

紋別からの帰り

帰りは行きよりもひどい吹雪でした。地吹雪、吹きだまり、視界が見えない恐さ、
もうはらはらドキドキでした。
万が一のために紋別で泊まる準備をしていましたので、
何度か引き返そうかなぁと思いましたが前進し、無事に北見へ到着しました。

この日の北見の礼拝は、妻が奉仕をしました。
みんな私が無事に着いたか、帰って来れるか心配していたようです。
また北見の近隣の町からも、吹雪の中、礼拝に集われていたと聞きました。
北国だなぁと改めて思う次第です。

この日の夜の第2礼拝にも、朝の礼拝に来れなかったので、
吹雪の中を1時間半以上かけて集われるTさんがいました。
送り迎えをして下さるご主人に頭が下がります。

さらに驚いたことに、Sさんは朝の礼拝に出席されたのに
夜の礼拝にも出席されました。
しかも朝も礼拝を自分で録音しているにも関わらず、
夜の第2礼拝にも集って録音されているのです!
もう一度聞き直すそうです。

私が奉仕する礼拝よりも、妻が奉仕する礼拝の方が、
よっぽど良かったのでしょうか!?(笑)

このSさんも、紋別のWさんと同じように昨年12月から教会に集われ、
お2人ともすっかり教会に馴染んでおられます。

さぁ、明日も紋別そして北見で、さらに日本全国&世界中において、
全心全霊全力で神様を礼拝できることを楽しみにしつつ。



日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ゴッコ汁 | ホーム | いざ、紋別へ④>>

コメント

すっごいドラマでしたね。
神さまのシナリオすごい!楽しい?
ドキドキハラハラ・・・・。

無事に帰られて何よりです。
私は先生のドライブテクニックいつも信用してましたv-8

でも本当に雪国で礼拝を守ることのチャレンジ度は高いですね。
だからこそ、主の恵みも大きいように感じます。

楽しい記事ありがとうございました。
主に感謝v-218
2011-02-19 Sat 08:34 | URL | mako [ 編集 ]
makoさん、どうもです!

楽しんでいただけたなら嬉しいです。
ただ明日の礼拝で話すことありますか~?
期待したものでなかったらごめんなさい。

また一緒に吹雪の中をドライブしましょうね!
2011-02-19 Sat 13:37 | URL | ひよ [ 編集 ]
話すとしたら・・・
やっぱ、JAFの恵みでしょ(^0^;)
2011-02-19 Sat 22:47 | URL | mako [ 編集 ]
Re:
makoさん、
やっぱりJAFの恵みですか!?(笑)
2011-02-21 Mon 20:51 | URL | ひよ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |