FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

海外宣教祈祷会(台湾)

今週の木曜日、台湾原住民に宣教しておられる丸山陽子宣教師をお迎えし、
海外宣教祈祷会を持ちました。

3月はいろいろと行事があり、「どうしようかなぁ」と思ったのですが、
次に巡回して下さるのは何年も後になってしまうので、
思いきって北見にも来て頂きました。

そして来てもらって本当に良かったと神様を賛美しました。
丸山宣教師も、北見には特別な思いがあったようで、
小さな北見の群れのためにも祈って下さいました。

台湾宣教報告②

私たちの教会では昨年より、第3日曜日の礼拝で宣教師のために
心を合わせて祈り、捧げものをする時を持っています。
北の果てにある小さな小さな教会でも、
遠く離れた海外宣教の働きに加われることを感謝しています。

報告を聞き、またビデオを見て、
私たちの祈りがこんな形で実を結んでいることを知り、
ただただ主を賛美するばかりでした。
そしてこの祈祷会でも、共に台湾の原住民のために、
また台湾にて心配しているご家族のためにも祈りました。

台湾宣教報告

丸山宣教師は、イザヤ書43:18-19を語られました。
 
  先の事どもを思い出すな。昔の事どもを考えるな。
  見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。
  あなたがたは、それを知らないのか。
  確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。

台湾でもここ数年、地震や水害が相次いだそうです。
1つの山が土砂崩れによってなくなり、集落が流されたことも・・・。
それらの支援にも丸山宣教師は尽力されたそうです。

日本の現状のことを思う時、様々な思いが湧いてきます。
それでも私たちの神様は、荒野に道を、荒地に川を設ける、
そう言われる、そうして下さると改めて神様を見上げました。
明日もこの神様を見上げて、礼拝を捧げていこうと思います!



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ゴスペルライブの朝 | ホーム | 勝ち歌>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |