FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

「この世の波風さわぎ」

今週の礼拝で「この世の波風さわぎ」を賛美しました。
私たちの教会では初めて賛美をしたのですが、
メロディは「ロンドンデリー」、「ダニーボーイ」としても有名なので、
ほとんどの方が初見でも賛美することが出来ました。
(例えば「Danny Boy」のyoutube音源)

 この世の波風騒ぎ  誘いしげき時も
 悲しみ嘆きの嵐    胸にすさぶ時にも
 御前に集い祈れば  悩み去り憂きは消ゆ
 いざ共にたたえ歌わん  恵み深き主の御名
 
 1つの望みに生くる  はらから共に集い
 互いに仕えむつめば  世になき安き満ちて
 天なる喜びあふる  麗し神の民よ
 いざ共にたたえ歌わん  恵み深き主の御名


この世の波風が激しく騒ぎ立ちました。
言うに言えぬ嘆きも無いわけではありません。
それでも神の御前に共に集まり祈り賛美することができます。

1つの同じ希望をもつ兄姉が共に集い、
互いに互いの存在を喜びつつ神の民としていきる。
そこに必ず神は平安と天の喜びを満たして下さる。
そう信じて賛美できることを噛みしめました。

まだまだ先のことですが、私が天に召されたらこの賛美を歌って欲しいなぁ、
勝手にそんなことまで思うほど、メロディも歌詞も好きな賛美の1つです。

讃美歌の第2篇に載っている歌詞はここまでですが、
国分友里恵さんが「現代賛美歌」として以下のように訳されていたのを
私は勝手に讃美歌と続けて3番、4番として賛美しました。
文語と口語のチャンポンな賛美になりました。

 この日も恵みを注ぐ 尽きない愛にもたれ
 憂いも罪も携えて  あなたを仰ぎみます
 全てを洗い流せる  十字架の血におおわれ
 汚れた心の中に   届くはただ主の御手のみ

 日ごとに安らぎ求め 祈りはこの瞳に
 あふれて静かに深く 言葉は流れ落ちる
 主イエスの腕に抱かれて 今日また生まれ生きる
 心と体の全てで   今あなたを仰ぎみます


国分さんの訳詞には「主イエスの腕に抱かれて」など、
雅歌に出てくるような聖書的な言葉が時々あります。
恐らく原詩に忠実だと思うのですが、
男性の私には賛美していて恥ずかしく思うような感じです。

しかしやっぱり詩人ですね~。
私などには到底表現できない言葉がメロディに載せられています。

「この世の波風さわぎ」は、
しばらく私のマイブームソングになりそうです。



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<もうすぐ・・・ | ホーム | シグナル>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |