FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

春の特別礼拝

すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。
  わたしがあなたがたを休ませてあげます。 マタイ11:28


池袋の教会の前にある看板に、上記の聖書の言葉が書かれていたから、
「ここは休憩所なんだ~」と思って礼拝堂に入り、
ベンチに横になっていたという若き日のS先生。今から50年ぐらい前の出来事。
そんなS先生ご夫妻を迎えて、春の特別礼拝を持ちました。

S先生のご兄弟や親戚が多く東北地方におられ、
なかなかその安否が分からなかったと言われていました。

S先生の妹さんとは、よく祈りの山でご一緒していましたので、
私もその安否を心配していました。
家族や家は大丈夫だったとのことで安心しましたが、
田畑は洪水で荒れ果てたようです。

羽田から女満別へ向かう飛行機から、
東北地方の海岸線が見えたそうです。
様々な思いと祈りを捧げながら、遠い北海道へ来て下さいました。

含蓄のある味わい深いメッセージ、
S先生でないと語れない独特のメッセージを語って下さいました。
しかも聖書が教える真の福音を、
上記のマタイ11:28-30をテキストとして語られました。

春の特別礼拝
(礼拝後の記念写真。ちょっといじり過ぎたかな?)

いつもは12時を少し過ぎるぐらいに終わる朝の礼拝ですが、
この日は12時半過ぎに終わりました。
ベテランの先生をお迎えしているので、充分の想定内です!
遅くとも1時までにはと思っていました(笑)

しかし私にとっては時間を忘れるくらいに、
福音に生きる自由さ、主イエスを信じる真の幸い、
見かけだけの信仰と主イエスが望む真の信仰、
改めてそういうことをじっくりと味わうひと時となりました。
 

 わたしは心優しく、へりくだっているから、
 あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。
 そうすればたましいに安らぎが来ます。
 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。
                   マタイ11:29-30


明日の礼拝でも、主イエスの御そば近くに進み出て、
心優しくそしてへりくだった主イエスから学びたい、強くそう思います。



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<カニの爪 | ホーム | もうすぐ・・・>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |