FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

物忘れ・・・

先月の特別礼拝・・・と思いきや、
今月、しかも4月10日のことだったと勘違いしました・・・。
↓日付を間違えましたが、そのままupしています(笑)

20110327特別礼拝

講師紹介の中で、私はS道先生のことを以下のような話しをしました。

「S道先生は、最近、もの忘れが進んでいるようです・・・」

ここでいつものように、後ろの方に座っている私の妻の眉間に、
深い深いしわが刻まれているのを講壇の上で確認しました。
S道先生ご夫妻までも、少々いぶかしそうな顔をしています。
しかしこれは、想定内のことで以下のように話しを続けました。

「S道先生は、最近、もの忘れが進んでいるようです。
 一昨年の5月、私たちの教会のトイレが凍結破損のために、
 大量の虫が発生し、緊急にトイレを新しくしなければならなくなりました。

 その時、どこかでそのことを聞きつけたS道先生は、
 礼拝で3度の献金を募って下さり、たくさんの捧げものをして下さいました。
 その額は、私が教団に借り入れようとしていたものと全く同じでした。

 その後、S道先生に会うたびにトイレをお礼を言うのですが、
 S道先生は『そんなことありましたか?忘れました~』と言われるのです。
 
 もちろん本当にお忘れになっているはずはないのですが、
 右の手がしたことを左の手に知らせない主の言葉を心にとめておられます。

 そういう意味で、S道先生は物忘れが進んでおられるようです。
 しかしS道先生がどんなに物忘れが進んでも、私たちは忘れません」


だいたい以上のような内容を講師紹介の中でお話ししました。
話し終わった後には、妻の眉間のしわもなくなっていました(笑)

S道先生ご夫妻を送りだして下さった教会の祈りのおかげで、
特別礼拝と信徒研修会は、春の花が咲いたような楽しいひと時となりました。

「春が来~れば思い出す~」(元歌は「夏」)ではありませんが、
春が来て雪が溶けてきた頃には思い出す、2年前のトイレの出来事です。

(それにしても、つい最近なのに画像の日付を間違えたり、
 物忘れが進んでいるのは、私の方かもしれませんね!)



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<初・スープカレー | ホーム | 「使徒信条の学び」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |